目標は100万ダウンロード!
~沖縄発ITベンチャーの挑戦~

img_2015021704

(上段)左から田村一郎さん、西村佳晃さん、宜保大地さん、豊里幸大さん、芦田聡さん、玉城尚吾さん

(中段)左から金城健太さん、大城翼さん、仲里大毅さん、大城優花さん、大宜見桂佑さん

(下段)左から中島武徳さん、金城奈苗さん、石居恵美さん、玉城眞美さん、比嘉有香梨さん

平成25年10月に沖縄で設立され、アプリやゲーム開発、Webサイト構築等、
IT分野の業務に幅広く携わっている株式会社コンテンツゲートの社員の方々にお話を伺いました。


ベンチャー企業のキャプテンとして

2015-02-17_091419

豊里 幸大さん

私はコンテンツゲート設立初期メンバーの一人で、現在はキャプテンという立場で全業務をまとめる役目を担っています。設立当初は4名だった従業員も現在では飛躍的に増え、それと共に業務の量も増え続けています。現在は全体で7つの案件を回しているので、役割分担やスケジュール管理、クライアントとの調整等、色々大変なこともあります。ただITベンチャーして今後大きく発展する為には非常に重要なポジションですので、大きなやりがいも感じますね。
現在のコンテンツゲートの業務は東京等の大手企業から委託されたものが大部分です。ただし携帯アプリの品質チェック業務しかなかった設立当初に比べると、今はゲームやアプリの開発に関わるような業務にまで携れているので非常に嬉しく思っています。もちろん知識や人材が蓄えられてきたということもありますが、会社の研修プログラムが充実しているのも大きな理由だと思います。大手IT企業の社員の方々から実践的で身になる話を聞かせて頂くだけでなく、専門的な言語習得の為のゼミナールも開かれるので、新入社員が幅広い基礎知識を学ぶ為にはとても良い機会だと思います。自分も研修の時にはできる限り時間を作って参加させてもらうようにしていますしね。今後は各人のスキルアップと同時に、より開発に携る業務を増やし、数年以内には100万ダウンロードを超えるアプリかゲームを作り出すことが目標です。


ゲーム開発部の業務拡大が目標!

2015-02-17_091516

中島 武徳さん

設立初期メンバーの一人として、約1年間コンテンツゲートで働いてきました。現在は4つの業務に携っていますが、その中で最も力を入れているのがゲーム定義作成業務です。PC用ゲームをスマホに移行する為にゲーム内の画像やアイテム全てを登録していくのですが、その中で最も難しいのが条件定義という作業です。元が難解な謎解きゲームということもあり、どこで何をどうしたらゲームが進むのか、ということを細かく定義する必要があり、それが正確でなければゲームをプレイしている時に前に進まないという事態に陥ります。難しい謎解きの場合には、ゲームを作る側も苦労するということを、今回身をもって体験しました。ただ当初はクライアントの担当者に何回も質問していたのですが、最近は自分一人でも定義作成ができるようになってきたのはとても嬉しいですね。新入社員にもノウハウを教えられるところまできているので、将来的にはこの業務を拡大していきゲーム開発部でマネジメントとして携っていきたいと考えています。


エンジニア経験を故郷・沖縄で活かしたい

2015-02-17_091647

比嘉 有香梨さん

私は高校卒業後に県外へ出て、東京のIT企業でエンジニアとして働いてきました。Webシステムの開発やCMSを利用したサイト構築等、様々な分野で経験を積み、フィリピンの日系企業で勤務したこともあります。ただ、家族がいる沖縄に戻りたいという気持ちが芽生えた為、昨年沖縄にUターンしてきました。そして、今まで携ったことのないアプリ開発にチャレンジしてみたいと思ったことが、コンテンツゲートの入社の動機です。今はチャットツールアプリの開発検証業務に関っていますが、まったく未経験の分野なので先輩方に教えてもらいながら業務を進めており、大変ながらも充実した毎日を過ごしています。まだ私自身、経験を積上げていく段階ではありますが、近い将来に社内で開発したアプリを世に出したいと考えています。沖縄の企業なので、沖縄の文化的な要素を取り入れたものにできたらいいですね。


丁寧な新人教育がモットー

2015-02-17_091711

知念 祐也さん

Webサイトをスマホで最適表示する為の開発業務に携っています。コーダーとしてhtmlやcss等の基礎知識は入社以前からありましたので、今は実務だけでなくチームのリーダーとしてクライアントさんとの折衝や新人研修等も担当しています。新入社員の中には専門的な言語に精通していない人や、コンテンツゲートが始めての就職先という人もいるので、全てのことを一つ一つ丁寧に教えてあげることを意識していますね。幸いにも皆さん素直に話を聞いてくれるだけでなく、向上心を持って業務に関わってくれているので、先輩としては嬉しい限りです。チーム一丸となってレベルアップできるよう頑張っていきたいと思います。


自分の成長がたまらなく嬉しい

2015-02-17_091727

金城 健太さん

専門学校でIT業界の全般知識やプログラム等を勉強した後、コンテンツゲートに入社しました。現在はスマホでのWebコンテンツ制作業務に携っていますが、htmlやcss、JavaScript等の知識が乏しく、業務に追い付けないと感じることもあります。ただ幸いにも先輩方が丁寧に指導をしてくれるので、分からないことも一つ一つ確認しながら進めることができています。一つのページが完成した時の達成感や、作成したページがきちんと表示された時の感動が忘れられません。特にこれまで時間がかかっていた箇所がすぐに作成できた時は、自分の成長を感じることができるので、たまらなく嬉しいですね。


向上心を刺激してくれる研修制度

2015-02-17_091749

大宜見 桂佑さん

コンテンツゲートに入社して驚いたのは、研修で講師をして頂くのが大手IT企業の第一線で活躍されている方々だということです。例えばニコニコ動画を運営している株式会社ドワンゴや、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーを製作している株式会社スクウェア・エニックス等、誰でも知っているような一流企業の方からお話を聞けるのは、とても貴重な機会だと思います。自分自身も、いつかは日本全国の人が知られるようなアプリやゲームに携りたいと思っているので、デジタルコンテンツの開発秘話や、どのような戦略で売り出していくのか等、とても勉強になる話ばかりです。もちろん日々の業務も大切ですが、自分の向上心を刺激してくれる機会にも恵まれているので、自分も業界の先輩方のように活躍できるよう、日々精進していきたいと思います。


ミスなく仕事をする難しさ

2015-02-17_091808

仲里 大毅さん

僕は小さい頃から歴史が好きだったので、高校卒業後は沖縄国際大学で社会文化を学んでいました。ただ在学中にスマートフォンでアプリやゲームを遊んでいるうちに、その魅力にひかれデジタルコンテンツ業界の仕事に就きたいと感じるようになりました。大学卒業後はKBC国際電子ビジネス専門学校に入学し、IT全般について勉強しました。コンテンツゲートに入社したのは、設立2年目にも関わらずアプリやゲームの開発を目指し、急成長している雰囲気を感じたからです。今はスマホを主体とするWEBコンテンツ制作業務に携っていますが、まだまだ自分の力量が及ばない部分が多く、日々勉強をさせてもらっているという感じです。その中でも徐々に自分で担当する箇所を任されつつありますので、今の目標は与えられた業務をミスなくこなすことですね。分からないことは先輩に何度も聞いて確認する、更に自分でもページを見返してチェックを繰り返す。基本的なことですが、まずはそれをきちんとできるように頑張ります。


毎朝の大切な1分間

2015-02-17_091822

金城 奈苗さん

以前は雑貨や古着屋等の接客業に携ってきましたので、ITとはほとんど接点がありませんでした。友人からホームページの作り方を教えてもらったことがきっかけでITという職種に興味を持ち、独学で数年間勉強を重ねた上でコンテンツゲートに入社することができました。ただIT業界で働くこと自体が初めてなので、今は業務を覚えていくことで精一杯です。
そんな私にとって大切な時間が社内の朝会で行われる1分間スピーチです。担当者は日替わりで、最新のITニュースをテーマにスピーチを行うのですが、まだまだITについて知識のない私にとってはとても貴重な機会だと思っています。担当者それぞれの感性でニュースをピックアップするので、自分では見つけられないような話題を聞くこともできますし、新しい情報に触れることで好奇心も刺激され、常に向上心を持ちながら業務を続けることができています。私にとって本当に大切な1分間です。


優しい先輩に囲まれて

2015-02-17_091834

宜保 大地さん

僕は高校から情報関連の学校に通っていて、プログラマーになることが夢でした。KBC国際電子ビジネス専門学校ではITエンジニア科に進学し、在学中に2つのゲームを作成しました。コンテンツゲートには研修制度があるということと、更にゲーム開発も視野に入れているという話を聞いたことがきっかけで入社しました。入社して良かったと思うことは、社員の人達が皆さん優しいところです。自分が会社で一番年下ということもあると思いますが、何を聞いても丁寧に説明してくれるのでとてもありがたいですね。更に毎日15時にはお菓子タイムという時間があって、みなさんが業務だけでなく、プライベートなことも含めて和気あいあいと話をしていて、とてもリラックスできる時間です。あとは月1回のペースで飲み会やバーベキュー大会等のイベントも開かれているので、仕事だけじゃなくてプライベートでも色々と楽しませてもらっています。今は未成年なので飲み会でもソフトドリンクしか飲めませんが、来月には20歳になるので皆さんと一緒にお酒を飲めるようになるのが今から楽しみです。


沖縄中に私のデザインを広げたい!

2015-02-17_091853

石居 恵美さん

小さい頃からイラストレーターになるのに憧れ、高校卒業後、専門学校にも通いましたが、先生や先輩から実際に仕事にするのは難しいと言われていました。確かに同じ学校の友人達も、卒業後に就職活動がうまくいかず、全く別の仕事に就いた人が多いです。だから今、自分がデザイナーとして仕事ができていることは本当に幸せなことだと感じています。まだまだ勉強中の身なので大きな仕事を任されることはありませんが、小さな広告でも自分のデザインが使われた時にはやりがいを感じますね。今後はもっともっと実力をつけて、沖縄の街中に私のデザインしたポスターが貼り出されるくらいになりたいです。


イラストレーターの夢を叶える為に

2015-02-17_091948

玉城 眞美さん

デザイナーとしてアプリやゲームに必要なパーツや広告バナー等のデザイン業務に携っています。専門学校に通っていたので、イラストを描くことには慣れているのですが、仕事として描くものは必要に応じた機能とデザインを兼ね備えたものでなければならないので、まだまだ勉強が必要だと感じますね。私の夢はイラストをメインに仕事をすることですが、今はイラスト以外にもWebデザインやロゴのデザインだったり、どんどん新しいことにチャレンジして自分の技術を磨ていきたいと思っています。


憧れのゲーム業界で成長したい

2015-02-17_092022

大城 翼さん

今はゲーム運営といって、お客様からの問合せ対応等の業務をしています。まだOJTを始めてから数ヶ月しか経っていないので分からないことが多く、先輩に指導を受けながら業務を覚えていくという段階です。お客様への対応の仕方や、新しいツールの使用方法を覚えたり、毎日勉強の日々ですね。でも、ゲーム業界で働くことは子供の頃から憧れていた夢なので、今は仕事が楽しくてしょうがないです。いつかは誰もが知っているような有名タイトルの業務に携われるように今後も頑張っていきたいです。


“好き”を仕事にできた喜び

2015-02-17_092035

大城 優花さん

商業高校卒業後は会社の事務職をしていました。ただ毎日数字と向き合っているだけの仕事が自分には合わないと感じたので、退社後は自分の好きなゲーム関連の会社で働きたいと思い、コンテンツゲートに入社しました。
今はゲーム運営業務に携っていて、ゲームの内容を把握したり、細かな業務フローを覚えたりすることで毎日大変ですが、先輩方に教わりながら徐々に力をつけていけたらと考えています。ゲーム運営という立場でも、プレイをしながら気づいたことや、もっと面白くなるアイディアを出して欲しいと言われているので、もっともっと積極的に業務に関われていけたら良いと思っています。


全ての業務をマスターしたい

2015-02-17_092109

西村 佳晃さん

沖縄工業高等専門学校でプログラミングやネットワーク等を勉強した後、東京のIT系人材派遣会社で働いていました。ただ数ヵ月毎に転勤を強いられるという過酷な環境だったので、もっと腰を落ち着けて働きたいと思い、沖縄に戻りコンテンツゲートに入社しました。
今はコミックサービスの運営業務をメインに携っています。版元さんから送られてきたデータを編集しサイトに登録することで、携帯電話等で気軽に漫画を読むことができるというものです。細かなデータを扱う業務なので、いつもミスがないように細心の注意を払って仕事をしていますが、まだまだ入力ミス等で先輩に注意されることもあります。お客様やクライアント様に迷惑をかけないように、一人でパーフェクトな仕事ができるように頑張っていこうと思います。また現在の運営業務をマスターした後は、ゲームアプリ制作の業務にも興味があるので、一人で全ての案件に携れるくらいに自分自身を成長させていきたいです。


全てはお客様の為に

2015-02-17_092122

芦田 聡さん

昔から自動車が大好きだったこともあり、以前は自動車整備士として働いていました。数年間、整備士として働いている中で、最近の自動車のほとんどがコンピューター制御化されていることや、修理で入庫した車両も専用の診断機で行うなどIT化が進んでいることに驚き、自分自身もIT業界で働きたいと思うようになりました。
今はスマートフォンを使ったサービス運用をメインで行っています。アプリが規定のサービスレギュレーションに違反していないか確認する為に、各ページを数種類の端末で繰り返しチェックするという作業です。とても地道な作業ですが、全てはお客様に楽しんでいただくことに繋がっているので、非常に重要な責務だと思います。アプリの異常があった際には、早急にクライアントに連絡し、それが改善された時には大きなやりがいも感じることができます。

株式会社コンテンツゲート
2013年10月設立。アプリやゲームの開発やWebサイト構築、デバック業務まで幅広い事業を展開するデジタルコンテンツ事業会社。