「将来、トップクリエイターになるために」
~PARADISE JAMを経験して得たこと~

lokhyt

12月12日(土)にOADC スタジオにて、PARADISE JAM参加者への表彰状授与式を行ないました。その様子と共に、参加したOADC研修生へのインタビュー記事をお届けします。

lokijuft

PARADISE JAMとは
次世代のコンテンツクリエイターをめざす沖縄県内の人材を応援するために
11月に開催された「ネクストクリエーターズフォーラム」でのイベントの一つ
として開催されたハッカソンです。

PARADISE JAMオフィシャルページ

dcvfhdvgfrthj

表彰状授与式の様子

- デザインからプログラムまで、ゲームアプリを制作できる人材になりたい

IMG_0746

プログラマー志望 山城圭史さん

今回のハッカソンで私が属したチームは「龍球クエスト」というゲームと実際の店舗のクーポンが連携するアプリを制作しました。このアプリはGPSを利用して、自分のいる場所の位置情報とゲーム内の位置が連動し、昔のドット絵で再現された沖縄県の地図内をRPGゲームの要領で散策し、各地点・店舗での戦闘に勝利すればお店のクーポンを貰えるといったものです。
その中で私は、Webサイト制作でデザインソフトを使用した経験もあり、ドット絵の描き起こしを担当しました。デザインソフトの様々な技法を駆使し、あえて写真の画素数を落としドット絵の作成をする技法を、デザイン専門でお仕事をなさっているチームメイトの方から教わり、インターフェースデザインの作成に昼夜を通して作業を行ないました。徹夜の作業は体力的にかなり堪えるものがありましたが、それでも企画からスケジュール、プログラム開発メンバーとのすり合わせをしながらのデザインパーツ作成を体験できたことは非常に貴重な経験となりました。この経験を今後は更に活かしながら、インターフェースデザインは勿論、現在受けているOADCのJava研修に加え自己学習を重ねながら、いずれはゲームプログラムも担える人財へと成長していきたいです。

- 今より更に成長した自分を、次の大会では試したい

IMG_0773

プログラマー志望 知念正亨さん

私が参加したチームは「AmaKuma」というアプリを制作しました。沖縄に旅行滞在中、各観光スポットに赴き写真を撮影するといったアプリで、またアプリからも特定の観光地で撮影するミッションが流れるといったゲーム感覚でリアルの世界も楽しむといったアプリケーションです。そのミッションをクリアすることがマストではないのですが、それをこなしていく、体感する喜びがこのアプリの“楽しさ“で、また撮影した写真を旅行後にライブラリとして地図と位置情報・表情認識機能を利用したその時の感情が関連付けられた形で閲覧・追体験が出来るようになっています。
私は、今回ハッカソンイベントに参加すること自体が初めてのことだったのですが、知らないことが山ほどありチームの為に自身が何をすればいいのかを知る・考えるだけで精一杯でした。自分の技術の無さを実感し、メンバーの皆に負担を掛けている事を痛感した悔しい気持ちでいっぱいのハッカソンとなりました。ですが、今回の経験で得たこともあります。チーム内ではWeb対応の部分、Jsonの取り込みなどをさせてもらい、先輩クリエイターの方から技術的な補助もいただきながら実装の仕方だったりファシリテーションの考え方等も身につけることが出来ました。
だからこそ、次の大会にも参加して今回より成長した自分を出していくことが今の私の目標です。

- 次こそはハッカソンへ参加して、よい結果を残したい

,lomkjg

Webクリエイター志望 平田瑛輝さん

私がOADC研修生入った段階では、残念ながら今回のハッカソンの申し込みが終了していましたので、3日間大会の見学をさせていただきました。
「沖縄を楽しむ」というテーマに沿って作ったアプリでも、「沖縄へ観光に来た人たちが“沖縄を楽しむ”」「沖縄の人が地元の魅力を再発見して“沖縄を楽しむ”」「沖縄に来た人が沖縄の人と交流を持って“沖縄を楽しむ”」と、作り手次第で色々な個性が出てきたことに驚き感動しました。
その中でもプレゼンの時にアプリを使用するときの状況を寸劇を交えながらも、今後実装する機能を説明してサービスの領域を明確に提示してお話されているチームが印象に残りました。
次回の2月に開催するハッカソンには、是非私も研修生の皆さんとチームビルドして参加し、説得力のあるプレゼンや柔軟な考えでチームに貢献したいと思います

- 今の自分とは全く違う自分になる

IMG_0791

Webクリエイター志望 織田源弘さん

私は職業訓練でWebのコーディングのコースを受講後、もっと自分の視野を広げたいという思いから11月にOADCの研修生に入りました。
同期で入った平田さんと同様、今回ハッカソンの申し込みには間に合わなかったのですが、オープンセミナーとグループトークには参加させていただきました。
オープンセミナーで特に印象に残っているのが「素直さが大切!」という言葉です。年齢や経験等もあるのでしょうが、どんな人からの提案にも素直に受け止めることのできる人が最終的に大きく成長するというお話を聞き、自分のような経験のない人間でもチャンスがあるのだと嬉しく思うと同時に、やる気もでてきました。
グループトークにも参加させて頂き、そこでも有名プロデューサーやクリエイターの方々から制作スタイル、運営上の苦労や工夫のお話を聞かせて頂きました。ただ、内容が専門的で、自分から質問をさせて頂くことが出来ず悔しい思いもしました。
今後は、プログラミングの勉強もしていきますので、次回参加する際は、今の自分とは全く違う自分と思えるぐらいの姿勢で参加者の方々と向きあえるよう努力していきたいと思います。