少数精鋭のメンバーで「沖縄から世界」を狙う!
株式会社DOKUTOKU460

DT460

上段、代表 城間 英樹 さん
下段、左から垣花 英貴さん、知念 賢さん

 平成27年度「沖縄デジタルコンテンツ産業人材基盤構築事業」にてOADC研修プログラムを履修し、平成28年4月よりOJT先企業へ入社した皆様へ今後の夢や目標について、また、OADC研修生を受け入れいただいた各OJT先企業様に、新入社員の方々への激励と今後期待することについてお伺いしました。

DT460-shiroma

城間英樹さん

- 御社の現在の事業内容や取り組みについてお聞かせ下さい

 おかげさまで、前回ご紹介させていただいたDOKUTOKU460オリジナルキャラクター「BUDOG COLLECTION」がクレーンゲームで好評をいただいており、売り上げも共に好調で第2弾のリリースが決定いたしました!
 また、同じくオリジナルキャラクターの「RED BOOTS」もクレーンゲームがスタートしまして、こちらはプリクラ、ガチャガチャでの展開も決定いたしました。更に、海外からアニメーション化のお話もいただいており、海外展開実現のために動きだしております。
 その他にも、「フリッジーズー」という国内で75万個以上を売り上げている玩具があるのですが、こちらの海外展開に伴い、リデザインを弊社が一挙に受け持つことが決まりました。今後カナダ、アメリカ、イタリア、韓国などでの展開を予定しております。

- 研修制度にて入社した研修生に、今後どのような事を期待しますか

 弊社はまだまだ小さな会社で人数も少ないので、個人個人に求められるスキルのハードルが高く、内容も多岐に渡ります。入社した研修生の方には、これまで経験してきた専門分野以外にも興味を持っていただき、技術習得にも積極的に取り組んで貰いたいと思います。特に、私たちの会社は自社オリジナルキャラクターコンテンツで「沖縄から世界へ!」を目標にしていますので、そちらを念頭に置いて挑戦し続けて貰いたいですね。
 お2人には4月より正式に入社いただきましたが、これからも自己と会社の総合力を高め広げる事を忘れず、多面的な表現にどんどん挑戦して貰いたいです。

新入社員の声

DT460-chinen

知念賢さん

自分の企画でオリジナルコンテンツを出していく

 これまではフリーランスで、ゲーム制作会社や映像制作会社様のお仕事の受託を東京で10年以上続けて参りました。沖縄に帰ってきてからもフリーランスを続けていたのですが、これからの時代に生き残っていけるアニメーターになるには企業様からの受注のお仕事だけでなく、オリジナルキャラクターを発信していける存在にならなければいけないと思い、またそのタイミングでDOKUTOKU460に出会い興味を持ちました。
 DOKUTOKU460には世界で通用するキャラクターコンテンツがあり、企画にもゼロから参加して沖縄から世界に挑戦することができるのでやりがいがあります。自分の技術向上はもちろんの事、これまで受託では出来なかったオリジナルを発信する為のリサーチ力や企画力を発揮することが出来るので、大変な部分もありますが楽しく仕事に取り組んでいます。
 これまでフリーランスで携わる事が無かった部分も勉強して、自分の企画で持ってオリジナルコンテンツを出していくのが現在の目標です。

DT460-kakihana

垣花英貴さん

世界を視野に入れた魅力的なコンテンツを生み出したい

 私はこれまでコンシューマーゲーム業界を中心に7年間キャラクター・背景の制作、UI設計をしてきましたが、以前より大好きだったDOKUTOKU460のオリジナル作品や魅力あるキャラクターコンテンツの制作に携わりたいと思いOJT研修先として希望しました。
 DOKUTOKU460は社員全員で世界に勝負できるコンテンツ・個性的なキャラクターとはどんなものか?という事を考え、アイディアを出し合い、それを生み出すための活動をしています。全員が会社の主力メンバーであって、主体的に動きながら世界で勝負できるコンテンツを創造、発信が出来る事が魅力です。
 今後もこれまで培ってきた以上の技術や経験を積んで、自分の得意分野を生かしながら世界を視野に入れた魅力的なコンテンツを生み出していきたいと思います。

株式会社DOKUTOKU460
PS3・Wii等のゲームキャラクター制作、デザイナーズトイ、お菓子、アパレル、ファンシーグッズ、2D・3DCGデザイン、アニメーション等、垣根を問わない表現を展開するデザイン会社。