オリジナルゲームアプリでヒットコンテンツを目指す!
株式会社コンテンツゲート

_DSF8149-4

手前、左から鈴木貴宏さん、中島武徳さん
後ろ、左から大城美菜子さん、国吉拳志郎さん、山城圭史さん、園田真史さん、平田瑛輝さん、鈴木大介さん、山城廉太さん

 平成27年度「沖縄デジタルコンテンツ産業人材基盤構築事業」にてOADC研修プログラムを履修し、平成28年4月よりOJT先企業へ入社した皆様へ今後の夢や目標について、また、OADC研修生を受け入れいただいた各OJT先企業様に、新入社員の方々への激励と今後期待することについてお伺いしました。

_DSF8164-3

総務 中島武徳さん

- 御社の現在の事業内容や取り組みについてお聞かせ下さい

中島:
 現在、主な事業内容としてスマホアプリの開発業務を行なっております。
 今はまだクライアントからの受託開発がメインとなっておりますが、一年前とは違いアプリ開発のノウハウも蓄積されてきました。設立当初からの第一次目標でもある、自社のオリジナルアプリの開発にも着手しており、リリースまであと一歩の段階まで進んでおります。
 その他にも、全国展開している大手企業の各種データを解析するデータマーケティングシステムの開発に昨年から着手しています。現在はシステム開発を終了し、実際のデータ解析の初期段階に入っており、クライアント向け本格稼働に向けた準備を着々と進めている段階です。
 また、大規模PCサイトのスマホサイト向け変換ソリューション(GeneCode)の提供や各種SEO、広告関連業務、サイトやアプリに使用するクリエイティブ制作業務等、事業領域は確実に拡がっており、スタッフの技能も向上してきました。習熟度も増すごとにクライアントからの信頼のお言葉もいただけるようになりました。

- 研修制度にて入社した研修生に、今後どのような事を期待しますか

_DSF8167-3

ディレクター 鈴木貴宏さん

鈴木:
 中島からも話がありましたが、アプリ開発事業に関しては大手企業様からの受託開発を経験した甲斐もあって、自社開発に着手することが出来ました。これを機会に、コンテンツゲートの企業としての更なる成長を目指していきたいと思っております。
 入社した皆さんには、会社のビジョンでもある、「ビジネス・デジタルコンテンツ・人財の道を沖縄から日本全国へ、沖縄から世界へ拓く」を常に念頭に置いて”デジタルコンテンツのモノづくり”が出来るような存在になれるよう業務に取り組んでほしいですね。
 更に個々人でも、「常に世の中のトレンドを追いかけ、サービスを生み出し、ユーザーにコンテンツを届けたい」という情熱をもって取り組んでいって欲しいと思います。
 今回、OADC研修プログラムを経て入社した方々はとても勉強熱心なので、これからも学習を怠らず、独力でプログラムのソースコードが記述出来る一人前のエンジニアに早く成長していってもらいたいです。
 その他にも、業務の中にはクライアントや共同開発業者様とのやり取りやミーティングなどもありますので、明るく、元気よく、疑問点があれば素直に質問するなど、社会人として必要な部分もどんどん経験を積んでもらって、あまり萎縮しすぎずスムーズにお客さんとお話し出来るようになって欲しいと思います。
 今後も新入社員の方々には、積極的に仕事・学習・自分磨きに取り組んでいただいて、一緒に会社を大きくしていけたらと思います。

新入社員の声

_DSF8098-3

山城圭史さん

HTML5アプリも手掛けるエンジニアに

 前職では、インターネット関連の広告代理店でランディングページ制作やHTMLコーディング、CMSの実装などの運営業務を経験してきました。日々業務に携わっていく中で、より深く制作や開発にかかわる仕事がしたいという思いが強くなり、プログラミングを基礎から学習したいと考えておりました。
 そんな中、出会ったのがOADCの研修プログラムとコンテンツゲートです。
 研修プログラムの中には、サーバー環境やインターネットセキュリティなどの基礎知識を学ぶ講義から、Web・JAVAをコーディングする技術講習、大手一流企業で活躍されている方が講師として教壇に立つセミナーなど、学びの機会が非常に豊富にあるという事に魅力を感じ、OADC研修プログラムへの参加とコンテンツゲートへの入社を希望しました。
 コンテンツゲートの魅力は、システム開発ソリューションやアプリ開発など、プログラミングに関われる事業が多いことです。他にも、SEO対策やアプリリリース後のASOなど、案件によってはマーケティングの領域にも携わることが出来るので、やる気次第で自身の好きな分野・得意な分野で活躍することが出来ます。
 私は今後もプログラムの学習を継続し、WEB制作もアプリ開発も手掛けられるエンジニアとして活躍していきたいです。

_DSF8126-3

国吉拳志郎さん

プログラミングは彼に任せてと言われたい

 以前、専門学校に3年間通いプログラムを学んできました。その中でゲームの製作を経験し、その作った作品を一般の方々に見て貰ったり、評価を受けたりする中で、モノを作る楽しさを知りました。その時に味わった経験から、今後はコンテンツゲートでもアプリ開発に積極的に関わって、いずれはモノを作る事を極めていきたいと思っています。
 コンテンツゲートは会社の雰囲気も明るく、社員同士の仲も良いのでコンテンツを作る環境が整っていると思います。また、どうしても分からないことがあった時には、先輩達が優しく教えてくれるので、楽しくアプリ開発が出来るし自己の成長にもつながるのが魅力です。
今はまだ、社会人としてもプログラマーとしても未熟な部分がありますが、いずれは「プログラムに関しては彼に任せて」と言われるような1人前の優秀なプログラマーを目指したいと思います。そのためにも、知識や経験を1つずつ着実に身につけていき、自分のものにしていこうと思います。

_DSF8117-3

園田真史さん

夢はゲームアプリディレクターになる事

 コンテンツゲートに入社する前は、携帯ショップの店員として新規契約や機種変更などの手続き業務を行なっていました。ですが、日々店頭での業務をしていく中で、「自分の考えたゲームアプリを作り、世の中に発信する仕事をしたい」と思うようになり転職を決意しました。
 すでに年齢が20代後半なっていたということもあり、一から就職活動をし直すことに抵抗が無かったわけではないのですが、自分の思いにウソは付けず、思い切ってOADCの研修に参加してコンテンツゲートに入社しました。
 研修期間中は、OJTとしてコンテンツゲートの業務に関わりながら、OADCが提供する充実した知識・技術研修を受けることができ、短期間にたくさんの事を身につけることが出来ました。今では思い切って転職をして良かったと感じています。
 コンテンツゲートはアプリ開発の業務が中心のベンチャー企業ではありますが、アプリ以外にもこれまで先輩たちがクライアントから受託したWeb関係などの業務もあり、デジタルコンテンツの広い領域に渡って関わることができます。アプリ開発以外の業務にも関わっていく中で、自分自身が気づかなかった特性や得意分野を再認識させられる事もありました。
 現在私はアプリのプログラム実装業務を担当していますが、まだまだ分からない事もたくさんあるので、まずはゲームアプリのベース開発を一人で出来るようになる事が第一の目標です。今はソースと睨めっこしながら勉強する毎日ですが、最終的にはゲームディレクターまで上り詰めて「自分の考えたゲームを世に出す」という夢が叶えられるように頑張っていきたいと思います!

_DSF8133-3

鈴木大介さん

デザインもプログラムも出来るエンジニアに

 北海道の専門学校で3年間、企画・デザイン・プログラムを学び、卒業後は自衛隊に入隊して2年間車両整備の仕事をしてきました。その後、自分がずっとやりたいと思っていた3Dグラフィックデザインの仕事を探していたところ、友人でもある園田さんの誘いでOADCの研修に参加しました。
 数ヶ月の研修期間の中で、OJT先であったコンテンツゲートの明るくアットホームな雰囲気に惹かれ、またこれまでやりたいと思っていたデザインの仕事が出来るのではないかと思い入社を決めました。
 コンテンツゲートは、面白いキャリアをもつ職員の皆さんも多くいますし、福利厚生も充実していたりと魅力的な部分がたくさんあります。その他にも、アプリ開発以外の業務も幅広く行っているので、それらに携わることで今まで気づかなかった自分の適性も知ることが出来ました。
 プログラマーとして入社することになりましたが、専門学校時代に学んだ3Dグラフィックの技術を、今後は実業務にも活かせる様に自主学習・練習を続けて、いずれはプログラムもデザインも行えるようなフレキシブルなエンジニアになりたいと思います。

_DSF8112-3

平田瑛輝さん

魅力的なWebプラットフォームを産みだしたい

 OADC研修生に入る前は、ゲストハウスを共同経営しておりました。日々、ゲストハウスの運営をしていく中で「サイトを自分自身が思い描くように作成・編集し、集客UPを目指したい」と思うようになり、Webコーディングの勉強を初めたのがこの業界に入ったきっかけです。残念ながらその後、ゲストハウスの運営は一時休業してしまいましたが、それでもWebの学習はずっと継続して行っていました。その中で、コンテンツを世に発信していくことに今まで感じたことのない魅力を感じ、情報産業の技術を活用して世界へ何かを発信したいと思いコンテンツゲートへ入社しました。
 OADCおよびコンテンツゲートは研修カリキュラムも豊富で、私のように今までITとは関係のない仕事をしてきた未経験者でも、Webやプログラミングなどの知識を得てスキルアップ出来るのが大きな魅力です。役員の方々が職員一人一人と面談して希望する業務を聞いてくれますし、多岐に渡る業務に携わることが出来ます。現在、私は大規模Webサイトをスマホに最適化するGeneCodeというソリューション関連業務にアサインされ、一日でも早くチームの戦力になれるよう猛勉強の毎日です。
 GeneCode業務ではscript言語を駆使しますが、今後はSQLやデータベースの学習も並行して行い、将来、たくさんの人が便利に活用できて幸せになれる魅力的なWebプラットフォームを産み出したいと思います。

_DSF8142-3

山城廉太さん

デジタルデザインの分野で地元沖縄から発信したい

 私はこれまで、東京で紙媒体を中心としたグラフィックデザインの仕事をして参りました。デザイン業務の中でも、特に店頭販促をメインに様々な取引先企業様の販促物デザインに携わりました。
 元々沖縄の出身という事もあり、帰省を考えていたタイミングでデジタルコンテンツを取り扱う会社に入りデザイナーとしての新たなキャリアを積みたいと考えていました。その際にOADCの研修生応募を見つけ、研修期間中にお世話になったコンテンツゲートとのご縁も出来て、研修後の入社を希望いたしました。
 コンテンツゲートを選んだ理由は、会社理念でも掲げている「沖縄から全国へ、沖縄から世界への道を拓く」という言葉に強く共感したからです。コンテンツゲートは、業種や職種のカテゴリーにとらわれず新しい可能性に挑戦し、自社コンテンツのリリースを目標に前進し続けることが出来る部分がとても魅力的だと思います。
 何よりも、「挑戦し続ける魅力ある人間」に成長させてくれる会社だと思います。
 これからのデジタルデザインの分野は、これまでの紙上でのデザイン構築と同様に、より良いデザインの手法やデータの取り扱い方法が構築されていくと思っています。例えば、スクリーン用の文字対策やデータの形式、拡張子、制作ツールなど、新しいシステムを理解して傾向を追い続けながら対策を講じていく事も、これからのニーズに答えるためには必要なことだと思います。
 今後は新たにデジタルデザイン分野の経験を積みつつ、これまでのデザイナーの経験を生かして、「地元沖縄」からコンテンツを発信し、少しでも地元沖縄の発展に貢献したいですね。

_DSF8129-3

大城美菜子さん

ゲームアプリの企画が出来るデザイナーを目指して

 コンテンツゲートが初めて入社した会社です。以前より趣味であったイラストを活かして、販売や企画の仕事がしてみたいと思い企画書を作成しながら就職活動をしていたところ、OADCの研修プログラムに参加することが出来、結果、コンテンツゲートに出会いました。
 広くデジタルコンテンツを扱う会社なので、いろいろな案件に携わるチャンスがあるところがコンテンツゲートの魅力だと思います。現在、取引先企業様からの受託でSEO対策をする案件が入ってきているのですが、社内でトライアルをした際に私もプロジェクトの一員としてアサインされました。色々な仕事に関わる中で、自分の思いがけない適正を見つけることもありますし、社員の皆さんの中にも様々な経歴を持つ人がいて、いろんな業界の話を聞けるのもコンテンツゲートの面白いところです。
 現在の目標は、ツールの使用方法やデザイン構築のノウハウを仕事で活用できるレベルまで一から身につけ、一人前のデザイナーになることです。そのためにやるべきことはたくさんあると感じていますので、まずは目の前にある仕事を一つずつこなして出来ることを増やしていきたいと思っています。また、OJT研修中に経験したゲームアプリの企画がとても楽しかったので、チャンスがあれば自分が企画したゲームアプリをどんどん提案していきたいと思います。

株式会社コンテンツゲート
スマホアプリの開発業務を中心にデータ解析・プログラム・デザイン・Webサイト構築、デバック業務まで幅広い事業展開をするデジタルコンテンツ制作会社。